ベッド・マットレス

【通販】失敗しないための、クィーンベッドのサイズと注意点 | ベッドサイズでお悩みの方へ!

2022年4月7日

クィーンベッド | サイズと注意点

今回は下記のような事でお悩みの方におすすめの記事となっています。

  • 2人用ベッドサイズで悩んでいる方
  • クィーンベッドの特徴を知りたい
  • クィーンベッドのおすすめ商品を知りたい

クィーンサイズのベッドフレームの購入を考えている方にぜひ、参考にして頂ければと思います。

クィーンサイズベッドと他サイズベッドとの違い

クィーンサイズベッドと他サイズベッドとの違い

クィーンベッドにするか、ダブルやキングなど別のサイズにするか悩まれている方にサイズ感をご説明します。
2人用のベッドというと「ダブルサイズ」がすぐに思いつきますね。

実は「ダブル」の次に「ワイドダブル」というサイズがあります。
クィーンサイズは「ワイドダブル」と「キング」の中間サイズになります。

ダブル 約幅140cm x 長さ195cm
ワイドダブル 約幅150cm x 長さ195cm
クィーン 約幅160cm x 長さ195cm
キング 約幅180cm x 長さ195cm

クィーンサイズのベッドは2人で快適に眠れるのか、お部屋のサイズに合うのかなど、サイズ選びの参考にしてみてください♪

クィーンベッドとセミダブルベッドの違い

クィーン ワイドダブル
クィーン ワイドダブル
約幅160cm x 長さ195cm 約幅150cm x 長さ195cm
ややゆったりした2人用のサイズです。
男性の肩幅が約45cm、女性の肩幅が約35cm。
寝返りの事を考慮すると、1人当たりプラス約60cmは欲しいところです。
男性:45cm + 60cm = 105cm
女性:35cm + 60cm =95cm
2人合わせて約200cm欲しいところですが、一般的な2人用のダブルサイズよりも横幅+約20cmありますので、十分に広さを感じる事ができると思います。

少しゆったりした2人用のサイズです。
ダブルサイズよりも横幅+約10cmが、クィーンサイズよりも横幅-約10cm。
ダブルとクィーンの中間サイズとなります。
2人合わせて約200cm欲しいので、ワイドダイブルサイズでも少し狭いかもしれません。
しかし、ダブルベッドよりわずか10cmといえども、ゆとりを感じる事ができると思います。
ちなみに一般的なシングルベッドの横幅は約97cmです。

クィーンベッドとキングベッドとの違い

クィーン キング
クィーン キング
約幅160cm x 長さ195cm 約幅180cm x 長さ195cm
ややゆったりした2人用のサイズです。
男性の肩幅が約45cm、女性の肩幅が約35cm。
寝返りの事を考慮すると、1人当たりプラス約60cmは欲しいところです。
男性:45cm + 60cm = 105cm
女性:35cm + 60cm =95cm
2人合わせて約200cm欲しいところですが、一般的な2人用のダブルサイズよりも横幅+約20cmありますので、十分に広さを感じる事ができると思います。

ゆったりした2人用のサイズです。
小さいお子様ならご一緒に3人でも眠れるかもしれません。
一般的な1人用のシングルベッドの横幅が約97cmなので、ほぼ2倍のスペースがあります。
寝返りも打ちやすく、夏場でも適度にスペースを取って快適に利用できます。

お部屋の広さによる違い

お部屋の広さによる違い

実際に寝室にダブルベッドを置いた時にどれくらいの圧迫感や、空間のゆとりがあるのかを見ていきます。
寝室専用のお部屋の場合を想定しています。

4.5畳(275cmx275cm)にクィーンベッドを置く場合

4.5畳(275cmx275cm)にクィーンベッドを置く場合

ベッドの周りに人が通れるスペースは作れます。

寝室のドアが内側に引く場合は問題なくドアが開閉できるか確認しましょう。
また、お部屋の中に備え付けクローゼットがある場合は注意が必要です。
クローゼットの開け閉めや物の出し入れが可能かどうかを確認しましょう。

引出し収納付きベッドを検討されている方も引出しから物の出し入れが問題なくできるのかどうか確認しましょう。

壁にベッドをくっつけて、なんとか設置できる場合もあります。
しかし、奥側に寝る人が手前に寝ている人を乗り越えなくてはならないため、起床時間や就寝時間が合わない方の場合はストレスになります。
また、掛布団が壁の反対側に落ちやすくなります。

4.5畳でクィーンベッドを設置するのは難しい場合が多そうです。
少し窮屈でもベッドをワイドダブルやダブルに変更するなどの選択肢もあります。

6畳(360cmx270cm)にクィーンベッドを置く場合

6畳(360cmx270cm)にクィーンベッドを置く場合

ベッドの周りに人が通れるスペースが十分に作れます。
サイドテーブル(幅40cmx奥行30cm)以外にも、間接照明や観葉植物など置けそうです。

寝室のドアが内側に引く場合は問題なくドアが開閉できるか確認しましょう。
また、お部屋の中に備え付けクローゼットがある場合は注意が必要です。
クローゼットの開け閉めや物の出し入れが可能かどうかを確認しましょう。

引出し収納付きベッドを検討されている方も引出しから物の出し入れが問題なくできるのかどうか確認しましょう。

壁にベッドをくっつけて、なんとか設置できる場合もあります。
しかし、奥側に寝る人が手前に寝ている人を乗り越えなくてはならないため、起床時間や就寝時間が合わない方の場合はストレスになります。
また、掛布団が壁の反対側に落ちやすくなります。

8畳(352cmx352cm)にクィーンベッドを置く場合

8畳(352cmx352cm)にクィーンベッドを置く場合

ベッドの周りにスペースが十分に作れます。
サイドテーブル(幅40cmx奥行30cm)以外にも、ちょっとした収納家具、間接照明や観葉植物など置けるでしょう。

置きたい家具や間接照明などを配置した時に、ドアの開閉や備え付けクローゼットの開閉が問題なくできるか念のために確認しましょう。

クィーンサイズが搬入できるか事前確認を

クィーンサイズが搬入できるか事前確認を

ベッドフレームの梱包サイズ

ベッドフレームは基本的に複数のパーツ(ヘッドボード、フッドボード、サイドフレーム、床板)に分かれていて、設置時に組み立ても行います。
購入を検討しているベッドフレームの商品ページ内に「梱包サイズ」が掲載されています。

ベッドフレームの梱包サイズ
上記の参考例だと、4パーツそれぞれのサイズが記載されています。
この各パーツがエレベーターやドア、通路、階段を通って、お部屋まで搬入できれば、お部屋で組み立てる事が可能です。

一番大きいのはマットレス

マットレスは、パーツごとに分かれていませんので、ほぼ形のままの搬入となります。
「約幅160cm x 長さ195cm x 高さ(厚み)」が一般的なクィーンサイズの大きさです。
*店舗や通販ページで実際に購入する商品のサイズをご確認ください

最近は搬入がしやすく、コンパクトにした「圧縮マットレス」という物も多いですが、クィーンサイズとなると数が限られてきます。
まずは、マットレスのサイズを確認した上で、搬入経路を通って、お部屋までいけるかどうか確認してみましょう。

エレベーター

立てて搬入する場合エレベーター

搬入するマットレスの奥行がエレベーターの扉の高さより低く、マットレスの幅がエレベーターの奥行きより小さければ、マットレスを立てて、エレベーターに入れる事が可能です。

寝かせて搬入する場合エレベーター

搬入するマットレスの奥行がエレベーターの扉の高さより大きい場合、立ててエレベーターに入れることができません。
マットレスの奥行がエレベーターの奥行きより小さければ、マットレスを寝かせた状態でエレベーターに入れる事が可能です。

マンションの階段・踊り場

マンションの階段・踊り場

マンションの階段・踊り場

 

直線階段

階段の天井の高さが搬入するマットレスの奥行の数値を上回れば、基本的に搬入が可能です。

 

らせん階段・屈折階段

屈曲階段は踊り場の高さ・幅・奥行きの確認が必要です。
マットレスを旋回する際に踊り場の奥行きがマットレス幅以上、必要になります。

らせん階段でもマットレスを旋回する際に階段の幅がマットレスの幅以上、必要になります。

玄関からお部屋まで

玄関からお部屋まで

玄関のドアやお部屋のドアがマットレスの奥行よりも高ければ、立てて搬入する事が可能です。
玄関からお部屋までに階段や通路がある場合は、マンションの階段・踊り場を参考に高さや旋回するスペースがあるかどうか確認が必要です。

クィーンベッドの搬入まとめ

エレベーター、階段、通路、ドアなど様々なサイズを確認しておく事が大切です。
現在のお住まいではなく、新居にクィーンベッドを置く予定の方は内見時などに搬入経路を事前確認しておきましょう。

ベッドを購入後、搬入不可となり、希望の商品を設置できないというケースもございますのでご注意ください。

おすすめクィーンベッド

通気性のよいすのこタイプか、安定した布床板タイプ。
すっきりしたレッグタイプか、便利な引出し付きタイプ。
数種類から選べる「MIスタイル」のベッドフレーム「ロクサー」

MIスタイル スノコ&引出 ロクサー

MIスタイル スノコ&引出 ロクサー

リアルな木目を再現したウッド調のシートが目を引くベッドフレーム。収納たっぷりの引き出しタイプ。

size 幅162×奥行209×高さ85×床面高24(cm)

詳しくはコチラ

MIスタイル スノコ&レッグ ロクサー

MIスタイル スノコ&レッグ ロクサー

リアルな木目を再現したウッド調のシートが目を引くベッドフレーム。高さ調節のできるレッグタイプ。通気性抜群のすのこ床板。

size 幅162×奥行209×高さ85×床面高24(cm)

詳しくはコチラ

マナベネットショップ本店

クィーンベッド

まとめ

クィーンベッドは「2人でも比較的ゆったりと眠れます」「寝室専用なら6畳以上は欲しいところ。ドアやクローゼットなどの開け閉めができるか要確認」「横幅が大きい分、搬入経路は要確認」というお話でした。
購入を考えている方はぜひ、参考にして頂ければと思います!

マナベネットショップ本店

クィーンベッド


参考【通販】大型家具の搬入経路の確かめ方

大きな家具を購入する時、「お部屋に入るかどうか分からない」 「もし入らなかったらどうしよう!」と困った事はありませんか? 家具の搬入は難しいイメージもありますが、事前にきちんとポイントを抑えて測ってお ...

続きを見る

タグ

-ベッド・マットレス
-, ,