ベッド・マットレス 新着・更新

【通販】1人暮らしや家族でも!フロアベッドのメリットとデメリット|おすすめのフロアベッドを紹介

日々の生活は心地良い眠りから始まります。そのためにも、良質なベッド選びは欠かせませんよね。

そこで注目を集めているのがフロアベッドです。
フロアベッドとは、ベッドフレームの脚部分を無くし、床に接するように設置するベッドフレームのこと。
今回はそのフロアベッドの魅力についてご紹介します。

フロアベッドのメリット

空間が広く感じる

フロアベッドの最大の魅力は高さが低いこと。高さを抑えることで圧迫感が少なく、広々とした空間を演出することができます。
特に狭い部屋やロフトスタイルの部屋は、室内の解放感を高めるのに最適です。一人暮らしで限られたスペースの方でも、
最大限に空間を広く見せることができます。

見た目がおしゃれ

フロアベッドはシンプルでモダンな見た目のものが多くあります。ごちゃついた感じがせず、スッキリスマートに見えるので
様々なインテリアにマッチし、お部屋の雰囲気を引き立てます。

厚みのあるマットレスもOK

高さのあるベッドは、厚みのあるマットレスを使うと高くなりすぎてしまい、使いにくくなってしまいます。
フロアベッドなら厚みのあるマットレスも、ほぼ床からマットレス分の厚みしか高さが出ないので
そんな心配なくお使いいただけます。

価格が安い

フレームの部材が少ない為、比較的安い傾向があります。その分マットレスに予算をかけることもできます。
また、部材が少ないので処分もしやすいため、単身赴任など短期間だけご使用になる予定の方にもおすすめです。

安定感がある

高さのあるベッドに比べて揺れにくく安定感があり、気になるベッドのギシギシというきしみ音も軽減できます。
寝相の悪い方や、寝返りが多い方がもしベッドから落ちてしまっても…高さが低いので大ケガのリスクは比較的少なく、安心して眠れます。

家族みんなで一緒に寝れる

フロアベッドは高さが低く、万が一ベッドから落ちてしまっても怪我をしてしまうリスクが少ないです。
そのため、小さなお子様がお使いになるのにも安心です。
安定感がるので揺れやきしみが抑えられる点から、クイーンサイズやキングサイズを選べば、家族みんなで一緒に寝る事ができます。

フロアベッドのデメリット

通気性はあまりよくない

フロアベッドはマットレスを囲むようにフレームがあるので、構造的に通気性はあまりよくありません。
すのこを使用したフロアベッドを選び、定期的にマットレスをあげて換気を行うなどの対策を心掛ける必要があります。

膝や腰に負担がかかる

就寝時やシーツの交換の際は低い姿勢をキープするので、足腰に不安のある方や高齢者にはあまりおすすめはできません。

おすすめのフロアベッド

お部屋がすっきり見えるシンプルなデザインのベッドフレーム「ノルモ」。水や傷に強いメラミン化粧板を使用しています。
枕元には2口コンセント付き。

シングル / セミダブル / ダブルクイーン / キング


枕元にはメガネや時計など、ちょっとした小物を置くスペースもあります。サイドには読みかけの本などが収納できるスペースも。
水や傷に強いメラミン化粧板を使用しています。

シングル / セミダブル / ダブルクイーン / キング


枕元には、小物が置けるスペースと二口コンセントも。充電をしながたスマホを立てかけたりもできます。
水や傷に強いメラミン化粧板を使用しています。

シングル / セミダブル / ダブルクイーン / キング


シンプルなデザインながら小物を置ける宮には、コンセントを備えたそつのないベッドフレーム。ロータイプのフロアベッドなのでスペースが少ない場所にも圧迫感を感じることなく設置ができます。

セミダブル / ダブル


豪快な広々空間のクイーンベッド。枕元には寝室を優しく照らすLEDライトと、コンセント付き。

クイーン


シンプルでスタイリッシュなデザインのクイーンベッドフレーム。コンセント付きで寝ている間に充電も可能。左右についているLEDライトはやわらかい光でほんのりと手元を照らしてくれます。

クイーン

まとめ

紹介しましたフロアベッドの魅力は大きく3点です。

  • 目線が下がりお部屋が広く見える
  • 子どもが使っても高さが低いので安全
  • 家族みんなで一緒に寝れる

ベッド選びに悩んでいる方は、フロアベッドを候補のひとつにするのも良いかもしれませんね。

その他ベッドフレームをチェック

タグ

-ベッド・マットレス, 新着・更新
-, , , ,