税込7,000円以上ご購入で送料無料 ※一部大型商品は除く

家具の選び方 ソファ編

みなさんは理想のソファを選ぶ際、どこを重視して選ばれますか? きちんとしたソファの知識から、自分のライフスタイルに合ったソファ選びをしましょう。

POINT 1 サイズから選ぶ

1.お部屋とソファサイズを考える!

ソファ表紙

ソファはご自宅の広さと家具のバランス、家族構成や搬入経路などのポイントを考えて暮らしに合わせたソファを選びます。サイズについて考えることはとても大切 な事ですので、是非こちらを参考にしてください。

2.ソファの形とサイズ選びに知っておきたいこと!?

1人掛けタイプ

1人掛けシーン

1人掛けソファは、ゆったりと一人の時間を過ごしたい方におすすめです。 また、あまり場所を取らない為、新生活や一人暮らしの方にもおすすめです。幅は50cm~100cm 程度となり、 デザインによって様々です。好みの座り心地、機能、設置スペースに合わせて選ぶのがよいでしょう。 さらにオットマン(足載せ)等を併用すると、よりリラックスできるでしょう。

1人掛けタイプはこちら

2人掛けタイプ

IMG_2966

2人掛けソファは幅170cm くらいまでのものが多く、コンパクトなサイズは一人暮らしや、ファミリー等に人気があるサイズです。 座面の奥行や広さにより、ソファの上で 足を伸ばして寝転び、カウチソファの ような使用が可能です。

2人掛けタイプはこちら

2.5人 3人掛けタイプ

IMG_9902

2.5人掛けで180cm前後、3人掛けでは200~220cm のものが多く、家族そろってゆったりと座れる、リビングの主役的なサイズ感。肘置きが低いものであれば、寝ころんで休む事も可能ですし、地面に座って背もたれにすることも出来ます

2.5人・3人掛けタイプはこちら

カウチソファタイプ

IMG_0136

カウチソファとは、「カウチ」、背もたれに対して座面の部分が長く、寝転がることができる長椅子のこと。ソファでくつろぎたい方にはぴったりのゆったりソファです。 また、オットマンがあれば友人や家族と談笑できますので、そういった方にもカウチソファはおすすめです。

カウチソファタイプはこちら

POINT 2張地から選ぶ

1.張り地とは?

ソファと人の肌が触れる部分に使用されている生地を指します。

張り地には「ファブリック(布)・合成皮革・天然皮革(本革)」の3種類あり、

それぞれ触感が異なる事や雰囲気にも違いがあり、お部屋のイメージを左右する重要な役割を持ちます。

 

2.張り地の種類

ファブリック生地(布地)

ファブリック

ファブリック生地の特徴は、温かみある雰囲気と肌触りの良さが特徴。ファブリックはカバーリングタイプと布張りタイプの2種類あり、カバーリングに関しては洗濯やクリーニング可能な物もあり、お手入れしやすい張り地になります。

合成皮革(フェイクレザー)

合成皮革

合成皮革とは、人口的に作られた素材であり、価格的にも本革と比べて安価な物が多い。 特徴としては、汚れに強く、お手入れがしやすい為、人気があります。近年加工によりキズが強い合成皮革も多くなり、初めて革製品のソファをしている方におすすめです。

天然皮革(本革)

本革

本革は牛革、羊革など動物の革全般を本革(天然皮革)と言います。ソファには牛革が使用されることが多いです。特徴はしっとりとした質感と高級感を演出してくれる点と合皮と異なり長年使用している独特の風合いや味がでてきますので、さらに深みが出ます。本革は汗や水分・直射日光・湿気・乾燥等に弱い為、メンテナンスが必要になります。メンテナンスを怠るとシミやひび割れ等の原因に繋がりますので、製品に応じたメンテナンス方法でお手入れをして下さい。

POINT 3 座り心地から選ぶ

1.ソファの構造を知って座り心地をチェック

ソファの構造を知って、使用している素材を確認しよう!

座り心地が変わりますので、ソファを購入する際に確認してください。

2.座面素材

「チップウレタン」

チップウレタンとは、スポンジ端材を粉砕し、接着剤 をブレンドして型に入れ、蒸気で押し固めて再圧縮した 物。通常のウレタンよりへたりに強い特徴を持つ

 

「ウレタン」

ウレタンとは、原油から取れる成分に添加剤を加えて形作られたもの。クッション性があり軽いのが特徴。

 

「フェザー」

フェザーとは、主に水鳥の物を使用し、通気性・弾力性が高く、復元力と耐久性に優れた性質を持ちます。ただ、フェザーだけでは体を支える事が出来ない為、ウレタンと一緒に用いられます。

 

「シリコンフィル」

シリコンフィルとは、羽毛の特徴である柔らかさを再現した化学繊維。型崩れしにくい為、クッション材としても使用されています。羽毛と比べ耐久性と復元性が優れている長期間使用に向いている素材。

3.クッション材

「ウェービングベルト」

ウェービングベルトとは、幅広の合成ゴムや麻製のベルトを縦横に組み合わせ、ベルトの弾力によって体重を支えます。柔らかい座り心地で沈み込む感じが特徴。

 

「コイルスプリング」

コイルスプリングとは、渦上のスプリングを横に連結したもの。体を面で支える構造でどこに座っても同じ硬さが特徴。座り心地はやや硬め。

 

「Sバネ」

Sバネとは波型スプリングとも言い、ソファで良く使用されているスプリング。弾力で体の沈み込みに堪える為、柔らかい座り心地が特徴。

 

「ポケットコイル」

ポケットコイルとは、ベッドマットレスでも使用される、コイルが一つ一つ独立し、点で体を支える耐圧分散に優れたコイル。耐久性と弾力性に優れ、底付き感のない快適な座り心地を体感できる。

 

まとめ

ソファの選び方として重視するところは人それぞれですが、基本的に抑えて置く必要があるのは「サイズ感」「張り地」「座面材」の3つです。その点だけ理解していれば、ソファ選びに失敗する確率が軽減されますので、是非お買い物する際に役立てて下さいね。

FURNITURE 家具

HOME FASHION ホームファッション

ONLINE SHOP CALENDER
オンライン営業日カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading